私たちは好きなことを行いつつも、私たちが住んでいる美しい惑星を後世に残していくべきだと考えています。
ある調査によると、世界で1年間に1億2500万個のボトルが、そして4億個ものテニスボールが廃棄されているというデータが出ています。
まだ使えそうと思いながら廃棄するボールの量を減らすことにより、環境への負担を少しでも少なくできるのではないか?
そこで、ボールの寿命を最大10倍に延ばすためのツールとしてBall Rescuerを作成し、さらにこの容器が1つ販売されるごとに100円を環境保護のための活動に寄付をします。
市場経済は持続可能でなければならず、経済的利益は私たちの貴重な自然環境への配慮と対立するべきではないと固く信じています。